\ ポイント最大11倍! /

【水は買う時代!】子供から高齢者まで使えるウォーターサーバーの特徴と選び方を解説

※ 記事にはプロモーションを含む場合があります。

本記事では紹介する商品やサービスを購入・申込することで売上の一部が還元されることがあります。

取り扱い広告案件(会社)一覧は下記の通りです。

  • ナッシュ株式会社
  • 株式会社シルバーライフ
  • 株式会社イングリウッド
  • 株式会社DELIPICKS
  • 株式会社マーク
  • ワタミ株式会社
  • アマゾンジャパン合同会社
  • 楽天グループ株式会社
  • ヤフー株式会社
  • 株式会社オイシエ
  • 子供や高齢者まで使えるウォーターサーバーはどれ?
  • なぜ、今ウォーターサーバーが流行っているの?
  • ウォーターサーバーのメリットとデメリットを教えて!

ペットボトルの水を買うと都度廃棄が必要なります。その上、冷たい水や熱いお湯も自分で作る必要があります。この問題を解決がウォーターサーバーです。今は高齢者から子供まで手軽に使えるウォーターサーバーがあります。

当ブログの管理人

サブスクを使ってズボラなパパでも立派に家事をしたい!そして、家族みんなで仲良く暮らしたい!

「ズボラ・手軽」をキーワードに宅食サービスとウォーターサーバーに着目し日々勉強中。

現在は、週末になる家族みんなで冷凍弁当・惣菜を食べてワイワイ楽しんでいます。

一緒に良いモノに出会っていきましょう!

Ruizi54(たっちん)

この記事では、なぜウォーターサーバーに乗り換えるのがいいのか、メリット・デメリット、選ぶ際に考慮すべき種類や特徴について解説します。ウォーターサーバーの購入を考えている方は、この記事をじっくり読んで検討してください。ウォーターサーバーのすごさを探り、ペットボトルの水を買うよりもメリットがあると思っていただけます

ウォーターサーバーを購入することは、お金を節約しながら、常に清潔で安全な水を安定的に利用できるようにするための素晴らしい方法です。サーバーの種類や機能をしっかり選ぶことで、ご家庭でも大活躍してくれることでしょう。

目次

ウォーターサーバーって何?

ウォーターサーバーの特徴は主に3つです。

  • 大量の水を貯めておいて、蛇口から水を出すことができる。
  • ペットボトルの水を買う必要がなく、清潔な水を便利に利用できる。
  • 冷蔵庫と同じように電気の接続やタップを使用するので、水道や電気がない場合でも、ウォーターサーバーを設置できる。

ウォーターサーバーには、最大120ガロンの水を貯蔵できる大型でエネルギー効率の高いモデルから、最大2ガロンの水を貯蔵できるカウンタートップモデルまで、さまざまなサイズがあります。また、純度や安全性を確保するために、フィルターが付属しているものもあります。

ウォーターサーバーは、設置やメンテナンスが簡単で、さまざまな好みに合わせてカスタマイズできるため、一般的になってきています。

ウォーターサーバーを利用するメリット


ウォーターサーバーを利用するメリットは次の4つです。

  • ペットボトルの水を購入するよりも、ウォーターサーバーを利用するほうが、ゴミが少なくなり節約につながる。
  • 大量の水を貯めておいて、貯めておいた水を直接出すことで、使い捨てのペットボトルの水を大量に購入する必要がない。
  • フィルターが付属しており、汚染物質や汚れを取り除くことで、手軽に安心して、おいしい水を飲むことができる。
  • 度調節機能が付いており、好みの温度に調節できる。

ウォーターサーバーは省エネタイプも多いので、電気代を抑えられます。さらに、電源が離れた場所や電源が全くない場所でも使える機種が多いのも特徴です。

特に子供や高齢者は水分補給が必要です。理由は次の通りです。

子供の場合
遊んでいると暑さ、寒さなどに鈍感になり、水を飲むのを忘れる時がある。そのため、脱水症状になりやすい。
高齢者の場合
血流や腎臓の機能の低下、代謝プロセスの著しい変化が生じるため。
健康を維持するためにも水分補給が必要となる。
高齢者にとっては、脱水症状によって運動機能、脳機能、消化器系の健康、そして健康全般が損なわれる可能性が高くなるため。

ウォーターサーバーは、個人の水分補給のニーズを確実に満たすための効果的な方法です。また、ウォーターサーバーは水の消費量を確認するのに便利なため、高齢者にとっては一日を通して十分な水を飲むことが容易になります。さらに、ウォーターサーバーには、温度調節やフィルターシステムなどの機能が付いていることが多いので、健康的で安全な水分補給の環境を簡単に作ることができます。

ウォーターサーバーを利用するデメリット

ウォーターサーバーを利用するデメリットは次の4つです。

  • 設置後にメンテンナス費用がかかる。
  • ウォーターサーバーによっては、はろ過されますが、ペットボトルの水と比べると純度が低い場合がある。
  • 設置場所の確保が必要。
  • ボトル交換がめんどくさい。
  • 電気代かかる。

ウォーターサーバーは、細菌などの汚染物質の蓄積を防ぐために、定期的な洗浄が必要です。最近は、色々な種類のウォーターサーバーが販売されています。

ウォーターサーバーの種類と特徴

ウォーターサーバーには、水の提供方法として様々な方法があります。また、小型の卓上型から大型の省エネ型まで、さまざまな種類とサイズがあります。さまざまな好みに合わせて設計されており、カウンタートップ型や壁掛け型など、いくつもの機能から選ぶことができます。

水の種類

浄水型

水道水の水をフィルターでろ過して安心して飲めるようにした水(浄水と呼ぶ)。
ボトルを変える必要が無いが、フィルター機能によってろ過の程度が変わる。

RO水型

あらかじめ水道水などの水をRO膜と呼ばれる不純物をろ過する膜を通して安心して飲めるようにした水(RO水と呼ぶ)。
RO水をボトルに入れて提供される。
天然水より価格が高い傾向である。

天然水型

地下水などを原水とするミネラルを多く含む水。
各地の水源から取られているため、価格が高い傾向となる。

ミネラルたっぷりの水が温度にかかわらずすぐに飲める!

設置タイプの特徴

卓上型
床に置くスペースが確保できないヒト向け。
テーブルや棚の上に置くことができる。
床置き型
一般的なタイプ。
ボトル交換を上からだけでなく、床近くで交換できるタイプもある。
床に置くので落下の危険性が少ない。

水の提供方法やデザイン以外に、温度調節、流量、フィルターオプションなどがあります。

ウォーターサーバーの選び方

ウォーターサーバーを選ぶとなると、さまざまな要素があります。その中で最も重要なのは品質です。信頼できる会社のウォーターサーバーを購入することで、より確かな性能と品質を得ることができます。

選び方で重要な要素をまとめました。

ウォーターサーバーのサイズ
設置場所を決めた時のサイズ感は購入前に必要になります。
フィルターオプション
活性炭フィルター、逆浸透膜フィルター、その他のタイプのメディアフィルターなど、さまざまなフィルターオプションを備えたモデルがあるためです。
必要な水の量
一回に供給できる人数や量、そして、ウォーターサーバーのサイズが価格に影響してきます。
水の味、品質。
試飲して自分に合った水を選ぶことが大切です。
ウォーターサーバーの使いやすさ
お手入れ、水の交換、冷水だけでなくお湯まですぐに出るかなど、手軽に使えるかどうかの検討が必要です。
水注文の契約期間
水の発注ノルマが決まっているウォーターサーバーが多いです。ノルマや契約期間が短いウォーターサーバーを検討していくことが大切です。

ウォーターサーバーのサイズも重要な要素です。個人のニーズに合わせて、十分な水を保持できるデバイスを購入するようにしましょう。そして、ウォーターサーバーの機能についても考えることが重要です。温度調節やリマインダー通知など、水分補給をより簡単に、より便利にするための機能を探してみましょう。

まとめ:ご家庭で正しい見極めを!


ウォーターサーバーを購入することは、お金を節約しながら、常に清潔で安全な水を安定的に利用できるようにするための素晴らしい方法です。サーバーの種類や機能をしっかり選ぶことで、ご家庭でも大活躍してくれることでしょう。

ウォーターサーバーのメリット・デメリットは次の通りです。

メリット
デメリット
  • ペットボトルのゴミの減量。
  • 大量の水を貯めておける。
  • 手軽に安心して、おいしい水を飲める。
  • 度調節機能が付いており、好みの温度に調節できる。
  • 設置後にメンテンナス費用がかかる。
  • ペットボトルの水と比べるとろ過純度が低い場合がある。
  • 設置場所の確保が必要。
  • ボトル交換がめんどくさい。
  • 電気代かかる。

ウォーターサーバーを選ぶときの基準は次の通りです。

  • ウォーターサーバーのサイズ。
  • フィルターオプション。
  • 必要な水の量。
  • 水の味、品質。
  • ウォーターサーバーの使いやすさ。
  • 水注文の契約期間

他には温度管理、リマインダー通知などの機能を考慮することが重要です。

子供や高齢者には簡単に水分補給ができるため、非常に便利なツールになると思います。

適切なウォーターサーバーがあれば、子供や高齢者でも健康的な水分補給ができ、コスパに見合うツールになります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次